社外報1号

社外報1号 page 3/8

電子ブックを開く

このページは 社外報1号 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
は提案型営業の延長線ですが、今までの営業一人のスキルに頼っている部分をチーム力で対応する窓口的存在です。お客様にとって最高のパートナーと為るべく努力して参ります。社員全員が、今までにないことをやってい....

は提案型営業の延長線ですが、今までの営業一人のスキルに頼っている部分をチーム力で対応する窓口的存在です。お客様にとって最高のパートナーと為るべく努力して参ります。社員全員が、今までにないことをやっているので毎日が試行錯誤の連続です。過去の実績が通用しない今、手探り状態で仮説検証を繰り返し、自社の居場所を模索して行っています。お客様と共に成長していきたい一心で全社員一丸となって邁進して行きますのでご指導・ご鞭撻頂ければ幸いです。そして地域に誇れる企業に成長していきたいと思います。営業部より営業部本年度の行動目標について営業部部長金子淳一本年度は、経営理念が新たに「共存共栄」に決まったこともあり、経営理念に則り営業部も本年度の行動目標を決めました。1.お客様のベストパートナーになる2.企画提案3.受注・売上の確保に努める以上3点が行動計画です。まず、1.の「お客様のベストパートナーになる」ですが、やはりお客様あっての川島印刷という考えから、ただ仕事を受注するだけの関係から一歩前進して、今お客様が何に対してお困りか、どんな計画をお持ちでどうすれば関わりを持ちお役立にたてるかなど、お客様の立場で考え行動してゆきたいと思います。次に2.の「企画提案」ですが、1.に基づき具体的に企画を提案してゆきたいと考えています。本年度は企画室の設置、またお客様から要望の多い小ロット対応の機械設備の導入計画など、今まで以上にお客様と密接な信頼関係が築けると考えています。以上の2点を重点に置きながら、結果として3.の「受注・売上の確保に努める」に結びつけたいと思います。お客様、社員、皆さんに満足していただけるように努力し、経営理念の「共存共栄」を目指したいと思います。Kawashima-Tsushin Aug.2009 Vol.01 03