社外報6号

社外報6号 page 2/8

電子ブックを開く

このページは 社外報6号 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
四字熟語で前向きに株式会社川島印刷代表取締役川島良範四字熟語は面白いもので、その語源が実に奥深いものがたくさんあります。その中で、日頃の仕事で使える私の好きな言葉を紹介したいと思います。一期一会するこ....

四字熟語で前向きに株式会社川島印刷代表取締役川島良範四字熟語は面白いもので、その語源が実に奥深いものがたくさんあります。その中で、日頃の仕事で使える私の好きな言葉を紹介したいと思います。一期一会すること。一生に一度だけの機会。転じて人との出会いなどの機会を大切に私の名刺の裏にはこの言葉が書いてあります。お会いできたチャンスは何かのご縁ですから、一つ一つの出会いを大切にしたいと常に思っています。今当社が存在しているのも、お客様との出会いから始まっていますから、出会いには“感謝“です。創意工夫のよい方策をあれこれ考えること。今までだれも思いつかなかったことを考え出し、それを行うため仕事は与えられるものではなく、期待以上の“何か”がそこに生まれて初めて「付加価値」がつくと考えています。日々の仕事に創意工夫をしながら、お客様の期待を1%以上上回れる様な会社体質を目指しています。日進月歩日ごと月ごとに絶えず進歩すること。昨日の自分より今日の自分が一歩でも成長していると感じられる様、常に目標を持って行動したいと思っています。今の私は、経営者としての知識を蓄えるために毎日読書をしています。本は、書いた人が何年も何十年もかけて体得したノウハウを、わずか1冊の本を読むだけで手に入れる事が出来ます。現在は1週間に1冊程度ですが、1年間に50冊と考えると、自分の成長がどの位なものか、来年の今頃この文章を読み返すのが楽しみです。そして、私がもっとも大切に、仕事で迷ったら必ず立ち返る言葉です。共存共栄川島印刷の経営理念。二つ以上のものが互いに敵対することなく助け合って生存し、ともに栄えること。「“お客様、社員、地域と共に発展していくこと”に川島印刷の存在価値、活動意義がある。」との想いで昨年7月より当社の経営理念としました。WIN&WINの関係構築が出来れば、みんな楽しくなれると信じながら、毎日の試練を乗り越えていきたいと思います。02Kawashima-Tsushin Jun.2010 Vol.06