社外報17号

社外報17号 page 6/8

電子ブックを開く

このページは 社外報17号 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
レポ!おきたまReport OKITAMA山形おきたま愛の武将隊ファイナル2012.3.24(Sat)3月24日に伝国の杜にて「山形おきたま愛の武将隊ファイナル」が行われました。12時30分開場から5時30分までの長丁場でしたが、活動記....

レポ!おきたまReport OKITAMA山形おきたま愛の武将隊ファイナル2012.3.24(Sat)3月24日に伝国の杜にて「山形おきたま愛の武将隊ファイナル」が行われました。12時30分開場から5時30分までの長丁場でしたが、活動記録のパネル展示やビデオ上映、上杉太鼓、ダンスパフォーマンスと大変盛り沢山の内容で楽しめました。愛の武将隊とは、戦国時代に活躍した武将のコスチュームで、十数名のメンバーがパフォーマンスを演じています。地元の各イベントはもちろん東京、遠くは名古屋あたりまで出演し置賜の観光PR隊として活躍しています。またセミナーでは、米沢市教育委員会講師の手塚孝氏による、米沢が伊達時代の頃の舘山城発掘調査の内容で、米沢の歴史として大変興味深い内容のお話しを聞く事が出来ました。今回の愛の武将隊の演武は、4月から新メンバーとなったためファイナルステージで、一年間を通し演技や踊りの苦しいレッスンを乗り越え、今回はその集大成とも言うべく素晴らしいステージを堪能させていただきました。最近の歴史ブームで歴女という言葉が生まれるほど女性ファンが多く、今回の入場者の約8割は女性の方でした。愛の武将隊は姿、演技、演武ともにカッコ良く、ブームになるのも分かるような気がします。現在は、3期目の新メンバーとなり、地元での更なる活躍や、各地での置賜のPR活動と私たちに感動を与えてくれるよう期待しています。直江VS最上上杉太鼓と槍舞い興味深い伊達家舘山城本拠説第2期涙のフィナーレ!感動をありがとう!!06Kawashima-Tsushin May.2012 Vol.17