外報26号

外報26号 page 2/8

電子ブックを開く

このページは 外報26号 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
外報26号

****特集Anniversary今年、フラワー長井線が生誕100周年、天元台高原が開業50周年を迎えました。普段、何気なく見ている風景も、歴史を重ね、私たちの暮らしを支えてきてくれました。今回は、それぞれの歴史などにも触れながら、特集したいと思います。100thAnniversary時代とともに、皆様とともに。生誕100周年開業周年50フラワー長井線フラワー長井線天元台高原赤湯・梨郷間が開通して100年が経ちました山形鉄道フラワー長井線が今年10月で100周年を迎えました。1913年(大正2年)に赤湯・梨郷間が長井軽便線として開業、翌年には長井まで延伸開業しています。現在の赤湯駅から白鷹町荒砥駅(全長30.5km)までは1923年(大正12年)に全通しました。昭和62年の国鉄民営化により、山形鉄道フラワー長井線として新たに開業し親しまれています。新たな駅も新設されて、今では17の駅があり、通勤通学や生活の重要な交通手段となっています。2004年には女子高校生達がビッグバンドジャズに目覚め、音楽の楽しさや友情を描いてヒットした映画「スウィングガールズ」のロケ地として全国的に有名になったことは記憶に新しい事と思います。そんなフラワー長井線が10月19日に宮内駅・長井駅・荒砥駅の3会場で「赤湯・梨郷間開通100周年記念式典」が開催されました。各会場による趣向を凝らした盛り沢山のイベントが行われ、この日は乗車料金が片道100円と格安にて乗車できる大サービスでした。各駅前会場では大勢の人達で賑わい、宮内駅のうさぎのもっちぃ駅長も元気にお出迎えしてくれました。最近は列車の旅ブームで、全国の各路線では列車の旅企画が相次ぎ、その良さが見直されています。便利な車の移動もいいですが、たまにはローカル線でのプチ旅行も車と違ったワクワク感が味わえるかもしれません。(参考・引用:Wikipedia)02Kawashima-Tsushin Nov.2013 Vol.26