ブックタイトル社外報31号

ページ
2/8

このページは 社外報31号 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

ActiBookアプリアイコンActiBookアプリをダウンロード(無償)

  • Available on the Appstore
  • Available on the Google play
  • Available on the Windows Store

概要

社外報31号

西屋かもしかや中屋別館山の季不動閣そば処吾妻軒薬師如来尊堂白布西国三十三観音展望台至天元台ロープウェイ米沢藩鉄砲鍛造の碑東屋STARTGOAL白布森の館広い駐車場ありおみやげはココ!全コース歩きやすい急な坂。足元注意!245 319月に入り、いよいよ行楽シーズンを迎えました。今回は開湯700年を迎えた、白布温泉の歴史と自然をかわしま通信のスタッフが体験し、レポートします。この秋は、車を降り、ちょっと足をとめて…白布温泉街を歩いてみてはいかがでしょうか?「開湯700年」を迎えた白布温泉とは…。一羽の傷ついたタカがお湯に入って傷をいやしているのを猟師が見つけ、薬効あらたかな湯のおかげで白毛斑点のタカが回復し飛び立ったのを見た猟師は、その温泉を「白斑鷹湯」と呼び、後に「白布高湯」になったという伝説や、白い布のように温泉が流れていたので「白布温泉」という名がついたという説もあります。白布温泉遊歩道のコースを一時間余りかけゆっくりと歩きました。季節によって変わる木々の葉の色を楽しみ、遠く近く鳥の囀りに耳を傾け、足元の野草や虫たちを探す楽しみ。自然とのふれあいは穏やかに時間が流れます。勿論、帰りには温泉に浸かり心と体をリフレッシュしましょう。白布温泉の名前の由来おすすめコース特集白布探訪02 Kawashima-Tsushin Sep.2014 Vol.31