節電うちわ PROJECT in YONEZAWA2012
配布終了

・プロジェクト期間 : 2012年7月1日~9月30日(設置予定のうちわが8月1日までで全数配布完了)

・協力企業・事業所数 : 60社(米沢商工会議所会員企業及び一般非営利団体)

・うちわ作成総部数 : 45,600枚

・所感 : 昨年よりも約10,000枚多く作成した節電うちわですが、かねたんと仲間達の人気に加えて

      蒸し暑い日や真夏日も続き、ちょうど1ヶ月で全うちわの配布を終了いたしました。

上杉鷹山公を起用したデザイン

かねたんと仲間達を起用した

デザイン

置賜広域観光案内センターASK内設置風景
置賜広域観光案内センターASK内
設置風景
うちわ配布活動

多くの方々に手にとって

いただきました

米沢発!!節電うちわプロジェクト2012

昨年に引き続き電力不足が予想される今夏、少しでも節電に関心を持ってもらい、エコ活動の輪を広く発信していきたい!という想いで企画しました。

 

当プロジェクトに賛同していただいた米沢市内の企業様、事業所様からのご協賛により、100%紙製のエコうちわを作成。作成したうちわは、置賜広域観光案内センターASK様のご協力で、米沢駅構内に設置、駅を行き来する観光客の皆さまや市民の皆さまが、無料でうちわを手に入れることができます。

 

2011年は、沢山の企業様・事業所様にご協力いただき、無事成功を納めることができました。

 

これからも地域の皆さまとともに、米沢を発信基地とする節電啓発活動を続けていきたいと思います。

2012年イメージキャラクターとうちわデザイン
今年のイメージキャラクターは、米沢の可愛らしい人気者【かねたんと仲間達】!!
かねたんと仲間達
今回のプロジェクトを通してこの節電うちわをご覧いただき、昔からある自然の価値を見つめ直してほしいという想いと、かねたん達が地元米沢でもっともっと活躍してほしい!という願いが込められています。

かねたんのモチーフとなった直江兼続が生きた戦国時代は、クーラーや扇風機などあるわけもなく、夏が暑いのは当たり前として過ごしていたのではないでしょうか。そんな昔の人々の暮らしを、かねたん達に置き換えてできたのが、今回の節電うちわのデザインです。

暑い身体を機械で無理矢理冷やすのではなく、自然な形で夏を過ごす一つの案として、かねたん達が3つのメッセージを発信しています。
【節電メッセージ①】打ち水を みんなでやれば 涼しいね
打ち水には、気化熱を利用し涼気をとる効果があるそうです(水1gの蒸発につき約0.58kcalの熱が奪われる)。
また、場を清める神道的な意味合いがあり、玄関先などへの打ち水は「来客への心遣い」とも言われているそう。
皆さまのお家の玄関先に、ぜひ打ち水をしてみてはいかがでしょうか。
【節電メッセージ②】風鈴と 蝉の音たのしむ 夕涼み
夏の夕方…響き渡る蝉の声をバックにチリンチリンと軒先で揺れる風鈴の音色は、どこか懐かしい気持ちがあふれ、心を癒してくれるものです。
テレビも消して、縁側で夕焼けを見ながら、のんびり過ごす日があってもよいかもしれませんね。
【節電メッセージ③】灯り消す 夏の星空 きれいだね
夏の星空はなんといっても天の川の美しさ。
それに七夕の星々が加わって輝きを競い合っています。
晴れた日に、家の灯りを消して、外を眺めれば満点の星空!
運が良ければ、流れ星も発見できるかも!?
暑さも忘れて、天然プラネタリウムの世界に浸ってみるのもイイですね!
2011年の実績

・プロジェクト期間 : 2011年7月30日~9月30日
・協力企業数 : 46社(米沢商工会議所会員企業及び一般非営利団体)
・うちわ作成総部数 : 36,000枚
・所感 : 山形新聞に掲載された影響もあり、一般市民や観光客の反響が大きく、予定していた枚数がプロジェクト終了日
      を前にして全て配布完了しました。

上杉鷹山公を起用したデザイン
上杉鷹山公を起用したデザイン
置賜広域観光案内センターASK内設置風景
置賜広域観光案内センターASK内
設置風景
うちわ配布活動
秋に行われた上杉まつりでは
うちわ配布活動を行いました